機関:世界経済の悪化により、需要が低下し、7月のトップ5のノートブックメーカーの出荷が30%減少しました。

Aug 16,2022
8月16日、Digitimes Researchの最新データによると、7月の世界トップ5のノートブックブランド(Appleを除く)の合計出荷は、月ごとに28%減少し、前年比30%以上減少しました。これは、グローバルな経済の悪化が市場の需要を弱め続けており、それが業界の暗い見通しにつながるためです。


Lenovoは7月の出荷により依然としてトップノートブックブランドでしたが、6月の比較ベースが高いため、トップ5の中で最悪の月に最悪の減少を被りました。 HPの毎月の出荷の減少は、IC供給の改善のおかげで、Lenovoの減少よりも少なかった。デルは、7月のトップ5の間で貨物の最小の減少を見ました。その主要市場であるエンタープライズセグメントは平均よりも優れたパフォーマンスを発揮しました。

Digitimes Researchのデータによると、7月の上位3つのODMのノートブックの出荷は、中国の流行の封鎖中に2022年の第2四半期から遅延した多くの未解決の注文をまだ持っていたため、11%しか減少しませんでした。上位5つのターミナルブランドよりも優れています。